コムテック(COMTEC)zero72vはなぜユピテルGWR83sdよりも売れるのか?

コムテック(COMTEC)ZERO72VVS 小ユピテル

コムテックZERO72VとユピテルGWR83sdは前回書いた記事の通り機能や

価格を見ていくと、お互いが意識しているバリバリの競合商品ということがわかります。

 

しかし色々なサイトを見ていると、

ユピテルよりもコムテックのほうが売れている場合が多いです。

何故でしょうか?

 

機能表で見ると。。。

コムテックZERO72VとユピテルGWR83sdを表で比べてみました。

< コムテックZERO72VとユピテルGWR83sd比較表> 

機種名コムテックZERO72VユピテルGWR83sda
商品画像
コムテック(COMTEC)ZERO72V
gwr83sdaopening
受信衛星GPS・みちびきGPS・みちびき
GPSデータ10万1千件11万7千件
取締りデータ3万7千件4万1千件
OBD車両情報110項目66項目
受信無線18バンド受信14バンド受信
各種センサージャイロ・加速度ジャイロ・加速度・気圧・照度
ディスプレイMVA液晶ディスプレイ 3.2インチMVA液晶ディスプレイ 3.2インチ
操作インターフェースリモコン・タッチパネル・スイッチリモコン・タッチパネル・スイッチ
データ更新方法SDカードスマートフォン
大きさ97(W)×54(H)×20.5(D)/mm102(W)×55(H)×21(D)/mm
ランニングコスト無料年間5,000円
保障期間1年保証1年保証

OBDデータ連携や日本の人工衛星みちびきへの対応OBDデータ連携

最新のレーダー探知機に付いているような機能は付いており

基本機能は大きく変わりません。

 

色々見ていくと大きな違いは、情報の数や情報表示、データーの更新タイミングでした。

以下違いの部分を説明していきます。

 

<画面パターンについて>

コムテックは6パターンの待機画面が用意されており その待機画面に好きなOBD情報を

表示させることが出来ます。

コムテック(COMTEC)画面

ユピテルはあらかじめ表示される情報が決まった 13種類の待ち受け画面が用意されており、

ユピテル(YUPITERU)画面

OBD情報を選択して表示できる画面は1パターンのみです。

ユピテル(YUPITERU)OBD情報

  よって自分で表示させたい情報を選んで楽しみたい方は コムテックが良いと思いますし、

ある程度決まったパターンの中から 表示する内容を選べればよい。

という方はユピテルですね。

 

これは使う人の好みによりますね。

 

<OBD情報の取得数について>

OBD2

OBD情報の項目数に関しては

コムテックが110項目表示できるのに対して

ユピテルは66項目項目の表示ですね。

 

これは表示させたいと思っている情報がコムテックにあって

ユピテルに無い場合は致命的な差になりますね。

 

表示項目の詳細はこちらをご覧ください。

完全版 コムテックzero72vに見れて、ユピテルGWR83sdに見れないOBD情報をにまとめた

 

<データ量>

027 データ量に関しては、

コムテックzero 72vが、取り締まりデータ37,000件 GPSデータ101,000件

ユピテルGWR83sdが、取り締まりデータ41,000件 GPSデータ117,000件

と約10%の違いがありますね。 但しコムテックの情報量でも少ない。

というわけではないのでどう考えるかですね。 ユピテルのほうがより安心ということが

言えると思います。

 

<データの更新タイミング>

277 データ更新タイミングは

コムテック(comtec)が大体3ヶ月に1度なのに対して

ユピテル(yupiteru)は毎月更新で、300程度の更新があります。

ユピテル(yupiteru)がデータ量にこだわりを持っているのが良くわかりますね。

そして一番違うと思われるのが ランニングコストです。

 

<ランニングコスト>

mo_a04a-350x172 初期費用の本体価格に関しては、別記事で比較をした通りです。

(コムテックZERO72VとユピテルGWR83sdの本体価格を比較してみた)

しかし

ランニングコストに差があるのです。

どういうことかと言いますと、ユピテルは取り締まりデータの更新費用がかかるのです。

年間5,000円なんですが、25,000円程度の商品に5,000円の更新量がかかる。

 

というのはインパクトが大きいですね。

(正確に言うとユピテルの商品と交換できるユピテルポイントが5,000ポイント付いてくるので

単純にマイナス5,000円ではありませんが)

ユピテル(YUPITERU)年会費プラン このコストによって毎月しっかりとデータ更新をしている。

というのはわかりますが、このランニングコストを嫌って コムテックにされる方が結構多いです。

コムテックは更新費用といったランニングコストは一切かかりません。

よってデータ量や、データ更新に関してにこだわりを持っていない限り、

画面パターンやOBD情報数が多くランニングコストもかからない

コムテックを選択される方が多いんですね。

 

最近変化が!!

166 最近この『ZERO72V』『GWR83sd』共に

商品としての寿命を迎えてきており、欠品があったり

今までのような低コストでの販売がされていない場合が、

最安値のアマゾンでも見られるようになりました。

 

また、

今までこの2機種に比べても性能も高く高価だった

『コムテック ZERO73VR』

『ユピテル GWR830sd』

の2機種の価格が軒並み落ちてきており、

今までの『ZERO72V』『GWR83sd』

の金額に少し足す程度でお得に購入できるようになっています。

 

よって

『ZERO72V』⇒『コムテック ZERO73VR』

『GWR83sd』⇒『ユピテル GWR830sd』

と検討されると良いです。

 

特に『コムテックZERO73VR』はアマゾン限定で

OBDケーブルとセット販売されている非常にお得なモデルです。

 レーダー探知機,ランキング,ユピテル,コムテック,セルスター

いつも記事を共有して頂きありがとうございます。

この記事が役に立った!!と思った方は、是非多くの方にご紹介してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ